2017年9月11日発売。

 

旅行に行ったら窯元を探して、お店でお話ししながら気に入った食器、コーヒーカップを買ってます。数百円から数千円程度です。デザイン、製作、塗りなど、一品に手間と時間がかかっている焼物はすばらしいです。

 

日本の伝統文化保存、発展に少しでも貢献できたらと思ってます。

 

日本には有名な焼物がございますが、窯元が一軒から数軒しかない焼物が多くあります。小さくても、各々特徴が有りました。

 

この本には、その小さい窯元含めて全国の焼物が記載されているようです。

ぜひ、お近くの窯元を訪ねて、日本の焼物のよさを感じていただければと思います。値段の駆け引きも楽しいです。外からはわからない傷、ムラがあるものも、買ってます。高い物は買えないので。

 

f:id:okazu1ban:20170917092948j:image